DesignArc Daiwa House Group

今の自転車置場に満足していますか? 近年の自転車ブームに伴い、マンションや集合住宅では、スポーツタイプや電動アシストタイプなど高額自転車を所有する入居者が増えてきています。そして、盗難やいたずら被害等の懸念から、大切な自転車を自転車置場には置かず、共有スペースや室内にまで持ち込むこともあります。その分、毎日の持ち運びの不便さや、共有スペースの圧迫、防災上の問題が出ています。セキュリティが求められる今、入居者の不満を解消する、自転車置場のあり方を考えました。

鍵付き「パーソナルスペース」が、毎日の

1.犯罪から守る安心収納 | 扉に鍵を付け、パーソナルスペースを確保しました。愛用の自転車を盗難やいたずらなどの犯罪から守り、安心して収納できます。また、自転車関連グッズなど、ちょっとした物を一緒に置いておくことも可能です。※ボックス内部は完全防水ではありません。
2.直線的に構成された新しいスタイリング | 屋根をフラットにし、スクエアなスペースと組み合わせることで、直線的な新しいスタイリングを実現しました。そのシンプルモダンな印象は、洗練された街並みや建物にも調和します。
3.使いやすさとスタイリングの両立 | 屋根とボックスの接合部分にスリットを設けることで、本体への空間がひろがり軽快なイメージを演出。扉には、使いやすく、アクセントにもなる、ライン形状の取手を採用しています。
[SECURITY] 自転車を守るセキュリティ | テンキータイプのロックシステムを採用。鍵を持ち歩く煩わしさがありません。扉のロックは内側からも解除できる、閉じ込め防止機能も付いています。
[STYLING] シャープなスタイル | フラット屋根と柱を直線的に構成した新しいスタイリング。 / ライン取手 | 開閉のしやすさだけでなく、スタイリングのアクセントとして配置。
[SIZE] 使いやすいサイズを検証 | 自転車のJIS 規格に則りボックス内のサイズを算出。それを元に有効寸法を検証し、成人男性が無理なく自転車を出し入れできる広さにしました。

設置シーンのご提案

マンション・集合住宅 | 盗難等の懸念から、自転車を共有スペースや室内に持ち込むケースが増えています。Cycle BOX を取り入れると、今までの自転車置場の不満や使いにくさが解消され、入居者の満足度もアップ。防災・防犯にもつながり、乱雑に並んでいた自転車をスッキリ収納できます。
スポーツ施設 | 利用客の私物を盗難から守るのも施設の大切な業務の一つです。自転車もお客様まかせではなく、Cycle BOX を使って施設が責任を持って保管。自転車が趣味の方も安心して預けていただけ、サービス向上につながります。
リゾートホテル・観光地 | 一般的な駐輪場がホテルの周囲にあると、生活感が出てしまいリゾートの雰囲気が台無しになってしまうことがあります。スタイリッシュなCycle BOXならホテルの外観にも調和し、サイクリングのお客様や、散策用のレンタサイクルを収納します。
カタログPDFダウンロード

この記事に関連する事業やサービス

最新WEBマガジン

2017 スタンドアウト、次代の担い手達

2017 スタンドアウト、次代の担い手達

現場の最前線で頭角を現す次世代に注目! 彼らが今、何を思い、何を目指しているのか。デザインアークの未来を面白くしてくれる次世代の仕事クリエーター...

2016年 新入社員特集

2016年 新入社員特集

2016年4月に入社した今はまだ幼虫の"新入社員"たち。5つのプラットフォームの中から自身が大切にしたいキーワードを選び、さらに【自 分を 昆虫にたとえたら?】を聞きました。

クリエイティブグループの仕事[後編]

クリエイティブグループの仕事[後編]

こんな家に住みたいと誰もが憧れるモデルハウス。間接照明で浮かび上がるモダンなショップ。インテリアコーディネーターとは美を追求する職業だ。と思っていたら...

クリエイティブグループの仕事[前編]

クリエイティブグループの仕事[前編]

デザインアークには、インテリアコーディネート部門の先頭を走るクリエイター集団がいる。ある時はハウスメーカーのモデルハウス、ある時は企業のショールーム...

このページの先頭へ

WEB CATALOG一覧へ