DesignArc Daiwa House Group

遊び心とインテリジェンスが調和、住宅とオフィスの境界をなくしたSOHO向けスペース

千駄ヶ谷オフィス

居住用マンションをオフィスにするというご依頼に応じ、ホーム・オフィスのどちらでも扱えるアイテムで構成。テーブルは「TEE TABLE」のホワイトをベースとし、部屋の広さを考慮した上で品位を落とさない大きさを意識しました。
窓周りのバーチカルブラインドは、白すぎないアイボリー系の生地をチョイスすることで、空間にバランスよく調和するようにしました。

物件名 : 千駄ヶ谷オフィス
依頼主 : スタンダード電気株式会社 様
所在地 : 東京都渋谷区
完成 : 2017年1月

当事例のモノ・アイテム:
  • インテリアアイテム

施工事例PDFダウンロード

この記事に関連する事業やサービス

最新WEBマガジン

新入社員特集2017

新入社員特集2017

今年の新入社員は確かな品質を保証する『折り紙つき』!それにちなんで個性あふれる生き物の折り紙を折ってもらいました。それぞれの生態を観察してみましょう。

2017 スタンドアウト、次代の担い手達

2017 スタンドアウト、次代の担い手達

現場の最前線で頭角を現す次世代に注目! 彼らが今、何を思い、何を目指しているのか。デザインアークの未来を面白くしてくれる次世代の仕事クリエーター...

2016年 新入社員特集

2016年 新入社員特集

2016年4月に入社した今はまだ幼虫の"新入社員"たち。5つのプラットフォームの中から自身が大切にしたいキーワードを選び、さらに【自 分を 昆虫にたとえたら?】を聞きました。

クリエイティブグループの仕事[後編]

クリエイティブグループの仕事[後編]

こんな家に住みたいと誰もが憧れるモデルハウス。間接照明で浮かび上がるモダンなショップ。インテリアコーディネーターとは美を追求する職業だ。と思っていたら...

このページの先頭へ

WEB CATALOG一覧へ