DesignArc Daiwa House Group

  • 柔らかな曲線に囲まれたブースは、時の流れを表現しています。
    下からのライトアップと、行き交う人々の間で光のゆらぎが生まれ、自然にブースへと導かれます。(写真1)

物件名:LIVING & DESIGN 2015ブース
企画・デザイン:株式会社デザインアーク
所在地:大阪市住之江区
完成:2015 年10 月

当事例のモノ・アイテム:
  • インテリアアイテム
  • 造作家具
  • サイン
[ブーステーマ]
「Time Skip & Wall Skip」
" 時間を行き来できる空間 "そして" 壁が新たなフロアとなる空間 "
[ブースコンセプト]
狭小化が進む未来の暮らしの中に、必要な空間を創るための新発想「Wall Floor」を提案。壁がフロア(階層)となり、壁から構成される未来の暮らしを表現しました。
施工事例PDFダウンロード

この記事に関連する事業やサービス

最新WEBマガジン

2017 スタンドアウト、次代の担い手達

2017 スタンドアウト、次代の担い手達

現場の最前線で頭角を現す次世代に注目! 彼らが今、何を思い、何を目指しているのか。デザインアークの未来を面白くしてくれる次世代の仕事クリエーター...

2016年 新入社員特集

2016年 新入社員特集

2016年4月に入社した今はまだ幼虫の"新入社員"たち。5つのプラットフォームの中から自身が大切にしたいキーワードを選び、さらに【自 分を 昆虫にたとえたら?】を聞きました。

クリエイティブグループの仕事[後編]

クリエイティブグループの仕事[後編]

こんな家に住みたいと誰もが憧れるモデルハウス。間接照明で浮かび上がるモダンなショップ。インテリアコーディネーターとは美を追求する職業だ。と思っていたら...

クリエイティブグループの仕事[前編]

クリエイティブグループの仕事[前編]

デザインアークには、インテリアコーディネート部門の先頭を走るクリエイター集団がいる。ある時はハウスメーカーのモデルハウス、ある時は企業のショールーム...

このページの先頭へ

WEB CATALOG一覧へ