DesignArc Daiwa House Group

スタンドアウト、出る杭になれ!

現場の最前線で頭角を現す次世代に注目!彼らが今、何を思い、何を目指しているのか。デザインアークの未来を面白くしてくれる次世代の仕事クリエーターたちを紹介します。

大阪本店 工事課 寺尾英訓

良いものをつくりたい

 工事課の寺尾にとって、デザインアークは3社目となる会社です。1社目はゼネコンでRC造や鉄骨造の現場管理。2社目は木造輸入住宅の会社で現場管理。そして、より力を発揮できる場を求めて、3度目の転職でデザインアークへ。豊富な経験を活かし、どの現場でも最善を尽くす寺尾の姿勢は、お客様や職人さんとの信頼関係を深め、工事課の存在意義を高めています。
 普段の業務は、企画課や営業課と組み、請負物件の見積もりや査定、工事現場の管理などを担当。そんな寺尾の信条とは?新しい仕事を受けた時、寺尾はお客様に、こう言います。「良いものをつくりたいんです」。

現場で解決できることは全部やる

 予算や工期が限られる中、「良いもの」をつくるために何ができるのか。寺尾は、お客様の期待や不安を聞き出すことに全力を傾けます。
 たとえば、大規模物件の定例会議では、ドアノブやクロスなどの実物やサンプルを机の端から端まで並べます。カタログを渡すだけでも済みますが、寺尾は必ず金額と在庫を調べてから、おすすめ案に絞って提案。お客様のご要望が最終的にそのまま形になるよう心を砕きます。

 また、「お客様が施工現場へ来られるのは興味をお持ちだから」と、現場での丁寧な説明に手間を惜しみません。扉が付く前なら「図面では右開きですが、左開きのほうが便利そうなので反対にしますか?」と尋ねる。什器の配置を問われたら、段ボールで原寸大を作って見せる。「図面どおりにできないことも多いから、最終的な決め込みは工事の仕事。だから現場で解決できることは、してあげたいだけなんです」。お客様の喜びこそが、ものづくりのモチベーションになる。その思いが、寺尾を前へ突き動かしていました。

事務作業が続くと、現場に行きたくてウズウズ。

東京支店 東京オフィス営業所 営業課 辻井隆宏

信頼を得たら、その先は無限

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、活況に沸く東京。目の前に広がるビジネスチャンスを、いかにして掴むのか。営業の辻井は、競争を勝ち抜く自分の武器を「スピード」だと考えています。
 ある時、首都圏を中心に展開する賃貸マンションの共用部分を改装するご依頼がありました。辻井は、事前に管理会社から情報を収集し、お客様との初回打ち合わせでパースと見積もりを提案するという圧倒的なスピード感で、見事受注に成功。その早さと確実さを評価され、今も年間数千万円単位の取引が続いています。「一度、信頼を得れば、その先の話もできる。可能性は無限に広がっています」と、どこまでもポジティブです。

得意先を新たに開拓する面白さ

 新規顧客の開拓が好きだと語る辻井。「仕事を通して新しい会社とつながることに、営業としての魅力を感じています。新規開拓は、自分がやれば得意先として後々まで残るし、やらなければ何も無い。そのわかりやすさが、モチベーションにつながっています」と目を輝かせます。
 そうして入社4年目には優秀社員賞を受賞。中堅となった現在は、上司から「プロジェクト案件が大きくなればなるほど任せられる」と信頼を寄せられます。

常に細かいロジックを求められる上司を前に緊張しっぱなしです。

 これまで順風満帆に進んできたように見える辻井ですが、実は内心に常に葛藤を抱えています。それは「成長しなくては」という危機感であり、「このままで終わりたくない」という焦燥感です。大学時代から今もダンスを続ける辻井は、先輩たちのパワーに刺激を受け、起業した同世代の友人に悔しさを覚え、海外遠征で出会った人々の人間力に魅了され、自分に足りないものを見つめてきました。だからこそ仕事であれ、プライベートであれ、「日本だけで終わらない人になりたい。いつか勝負する時が来る」。辻井を衝き動かしているのは、あくなき挑戦の心でした。

「たった一回の電話や打ち合わせで全てが決まる。
そこにどれだけ集中できるかが鍵だと思っています。」

名古屋支店 名古屋レンタル営業所 営業課 浜松駐在 小石昂幸

うなだれた頭を上げて、前へ

 浜松レンタル営業課は、入社3年目の小石、ただ一人。着任時、浜松に顧客はほとんどおらず、浜松どころか静岡県内でさえ当社の名前を知る人は皆無でした。ところが、この厳しい環境が小石を見違えるように成長させました。
 小石は入社後、名古屋支店に配属。すぐに現場を任せられますが「何もわからなくて毎日毎日、上司に怒られ、お客様に怒られ...。だんだん元気もなくなって」。今でこそ鍛えられたと感謝しますが「当時は、やらされている感覚が強くて。自分ができなくても、みんなが何とかしてくれると思っていた」と打ち明けます。甘えを見抜かれ、叱られ続け、ついに気持ちを切り替えます。「私がいなくなったら、名古屋がダメになったと言われるくらいになってやろう!」 社会人として覚醒した小石は、さまざまな仕事を経験した後、出身地の浜松へ赴任することになりました。

どうしたらお客様が私と仕事をしたくなるか

 浜松での最初の目標は、何をする会社か認知してもらうこと。「レンタルだけじゃなく、什器から内装まで何でもできます」と売り込みました。また、自身の経歴も会話の突破口に。
小中高、大学と野球に情熱を捧げ、大学は全国大会に出場した強豪校。訪問先では「その丘の上の高校で野球をしていました」とアピール。次々と新規のお客様を開拓していきました。

自他ともに認める「野球バカ」も、今は仕事に熱中。

 名古屋時代と違い、浜松では成功も失敗もすべて自分次第。「どうしたらお客様が自分と仕事をしたくなるか」を考え、接し方を工夫しました。モデルは、取引業者の凄腕社員たち。「明るさや元気良さなど、みんなに共通することを真似して」努力を重ね、お客様に可愛がられる営業へと成長しました。今の目標は、大手取引先とのパイプをさらに太くしながら、レンタルの枠を超えて請負工事まで受注すること。そこにあるのは仕事の醍醐味を知った頼もしい姿でした。

福岡支店 福岡住環境営業所 営業第2課 池田寛子

納得できるまであきらめない

 会社組織が大きくなると、先を見据える経営陣と現場の社員の間には、どうしても距離が空いてしまいます。上層部の決定に納得できない時、不満を抱えて黙りこむのか、それとも打開策を求めて動くのか。池田は後者の道を選びました。  デザインアークのインテリアショップdia collection* 福岡にアルバイトで入り、運営業務を任されるまでになった池田。ところが正社員になってすぐ、店が閉店に。池田は本社へ単身乗り込み、さまざまな人と意見を交わし、自分でも状況を分析。納得して結論を受け入れましたが、あきらめたわけではありませんでした。
 それというのも、「福岡支店は大和ハウスビルの中にあったので、大和ハウスグループ以外のお客様やお取引先、インテリアコーディネーターの人たちが訪れやすい場所が必要だったんです」。池田をはじめ、上司や同僚たちの思いが実を結び、福岡市の中心部にある商業ビル内に福岡分室が誕生しました。

*全国6拠点で、ショールームや商談スペースとして展開していた店舗。
平成26年6月30日で閉店。

得意先を新たに開拓する面白さ

 池田は今、新たなキャリアへの挑戦となる営業職に就き、マンションデベロッパーヘの営業やインテリア販売会の企画運営などに走り回っています。現在は同僚の藤本とペアで行動。「今の自分は、とても未熟。支えてくれるチームの人がいるから仕事ができる」と感謝します。同時に、インテリアコーディネーターの知識を持つ者が、営業として直接プレゼンすれば説得力が増すのでは?と考え、さまざまな現場を経験した池田ならではのスタイルを模索しています。
 「昨日より今日、今日より明日を目指す人でありたい。1年前の自分より今の自分が良くなっていないと嫌なんです。勉強できることは山ほどあるし」と、どこまでも前向きに一日、一日のステップアップを自らに誓っています。

調べ魔だという性格は、仕事でも大活躍。

※本記事は平成27年4月~平成28年2月にかけて取材した内容をまとめたものです。
内容、役職名は取材時の情報です。
※なお、クールビズ期間に取材を行った社員につきましては、ネクタイの着用を必須としておりません。

最新施工事例

リアルな生活をコーディネートした新発想のときめきモデルハウス

リアルな生活をコーディネートした新発想のときめきモデルハウス

クラウドタイプの環境センサー「WEATHERY(ウェザリー)」

クラウドタイプの環境センサー「WEATHERY(ウェザリー)」

スクールのブランドイメージを守りながら、

スクールのブランドイメージを守りながら、"開放感"をコンセプトに

多世代が座りやすく自然と会話が弾む、

多世代が座りやすく自然と会話が弾む、"サロンファニチャー"のある空間

このページの先頭へ

WEB CATALOG一覧へ